×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ショタコンのゆりかご・追補1
主体はどちら?〜男子ショタコンの居場所〜

傍注一
笠原出版社より刊行の単行本にて該当部分を確認。

データ
『狂的科学倶楽部』
魔北葵/笠原出版社/90.8.10初版
ISBN4-7730-0528-9

作品初出:コミックマンモスクラブ(セブン新社)
89年6月号〜90年1月号

作品執筆:89.2.28〜89.11.30


該当箇所
「少年趣味(ショタコンのルビ)」 ← 4頁(第一話)

「このやおいが!」 ← 31頁(第二話)
※ホモ(原文ママ)の少年に対するツッコミ【手書き文字】

「最初にあやまっておきます。
今回は『やおい』です。すみません」 ← 67頁(第四話)
※第四話(67〜82頁:Report.4『変愛』)扉頁
手書き文字による自註。
内容はホモ(原文ママ)の少年とシーメールの少年の恋愛。

「弟分達(『こいびと』達のルビ)」 ← 69頁

「このラブコメやおい少年!」 ← 73頁
※手書き文字による台詞相応
ホモ(原文ママ)の少年に向けられた言葉。

『あー惜しい!
せっかく生でやおいがみれると思ったのに!』 ← 82頁
※登場人物(♀)の台詞
それに対して受であるシーメールの少年の『UFO研究家?』
と言うボケ【手書き文字】も記載。

「ヤマ無し・オチ無し・イミ…
うう本当にやおい漫画だな、今回。」 ← 82頁
※ページ枠外にての手書きによる作者ツッコミ。

「やおいしてるとこ本当に
見せてくれるんですかあ?」 ← 100頁(第六話)
※登場人物(♀)の台詞。手書き。
82頁と同じ発言者。




***窓を閉じてお戻り下さい***